アレルギー体質改善の方法を知りたいなら!

平日はいつも夜更かしで、週末に寝だめなんてしていませんか?

 

生活リズムが乱れは、アレルギー体質改善にも悪影響があります…。

 

しっかり睡眠が大事!

 

仕事が忙しくて睡眠時間がとれないのは仕方がないかもしれませんが、
早く帰ってきてもダラダラとテレビを観たりして起きていませんか?

 

睡眠時間が短いと昼間に眠くなるばかりでなく、
免疫力が低下するのでアレルギー体質の人はアレルギー症状も出やすくなります。

 

TANITA 【睡眠の状態やその傾向をチェック】 睡眠計 スリープスキャン SL-501

 

理想は7〜8時間と言われますが、当然個人差があります。

 

大人は約90分ごとにレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返すので、
90分の倍数で目覚めるとスッキリ起きられることが多いようです。

 

また眠りの質も大事です。
いくら布団・ベッドに横になっていても、
頻繁に目が覚めてしまうようでは体の疲れが取れません。

 

寝具が自分に合っているかをチェックしたり、
寝る前にストレッチをしてリラックスしてから横になるようにするなどの工夫をしましょう。

 

ベッドor布団に仰向けになって、腹式呼吸で吸ったり吐いたりを繰り返すのも良い方法です。

 

アレルギー体質改善のためには、良質な睡眠も必須です☆

 

寝ているべき時間帯

 

睡眠なんて寝れるときに寝ていればいいんじゃない?と思っていませんか?

 

実は寝ているべき時間帯というのがあるんです。

 

それは午後10時〜午前2時頃と一般的に言われています。

 

CITIZEN (シチズン) 掛時計 リバライトF460 電波時計 暗くなるとライトが点灯 8MY460-006

 

というのもこの時間は成長ホルモンが分泌されて新陳代謝が活発になる時間帯なのです。

 

人間は古来より夜は寝て、昼間に行動する生活を送ってきました。
なので体がその生活リズムに合うようにできているんです。

 

よく夜更かしは美容の敵なんていいますが、
新陳代謝が落ちるということは体の抵抗力も落としてしまうので
アレルギー体質改善の敵でもあるのです。

 

もしアレルギー体質改善を目指しているなら、
「夜に寝て、朝起きて、昼間に行動する」という人間本来の生活リズムを整えることは必須です。