アレルギー体質改善の方法を知りたいなら!

あなたは布団派?ベッド派?

 

布団もベッドも何もしないでおくと、ダニやカビが繁殖する恐れがあります。

 

アレルギー体質改善のするために気を付けたい、
寝具に関することについてまとめました。

 

布団の場合

 

布団なら簡単に干すことができるますよね☆
晴れた日は紫外線での殺菌ができる天日干しがオススメです。

 

でもアレルギー体質改善を目指す人の場合、
アレルゲンが飛んでいる季節は外での天日干しは避けたいもの。

 

いくら干し終わった布団に掃除機をかけても、
アレルゲンである花粉は少しは残ってしまいます…。

 

汚れ防止 ふとん干しシートM

 

そんな時期は部屋の中で布団をほしましょう!
といっても部屋の中に布団干しが必要というわけではありません。

 

椅子にひっかけておくだけで、布団の湿気は抜けていきます。
扇風機の風をあてればなおGOOD!

 

天日干しのようにフカフカにはなりませんが、
何もしないよりは湿気が抜けてふっくらとしますよ♪

 

ベッド=マットレスの場合

 

マットレスの場合は気軽にベランダに持って行って干すというのは難しいですよね。
でも何もしないでおくとやはりダニやカビの繁殖が心配です…。

 

マットレスの上に布団をおいて寝ているなんて方は、
マットレスだけよりも湿気がさらにこもりやすいので尚のこと注意が必要です!

 

Dormeo (ドルメオ) 新・高反発 ベッド用マットレス (1層 かため) シングル 97×195×16cm NUO2981052-M DO0010

 

できればマットレスを持ち上げて部屋の壁に立てかけておくと湿気がよくとれます。

 

でもちょっとそれは重くてムリ…というのであれば、
マットレスのサイドを少し持ち上げて厚めの本や雑誌をはさみましょう。
布団の時と同じく扇風機があればなおGOOD!

 

ただベッドの下にほこりがたまっていたら扇風機をかけると舞い上がってしまうので、
その点はチェックしてから扇風機を回してくださいね☆

 

これを1か月に1回くらいやるとよいそうです。
夏場や梅雨は1週間に1回が理想ですが、なかなか難しいですよね^_^;

 

さらにこの時、マットレスの表と裏をひっくり返すとヘタり予防になります。
…が、これも重いのでギックリ腰にでもなったら大変!
一人でやらないほうが無難です。

 

アレルギー体質改善は大事ですが、
そのことで体を壊してしまわないように気を付けましょう!

 

その他の寝具

 

枕カバーの交換はしていますか?

 

枕は意外に雑菌が繁殖しやすい場所なんです!
確かに髪の毛が付くし、たまにヨダレなんかたらしちゃったりしますもんね^_^;

 

一見汚れていなくても、1週間に1回は交換しましょう。
アレルギー体質改善のためには、もちろん毎日交換するのが理想です☆

 

洗えるそば殻枕

 

めんどくさがり屋さんは、枕の上にフェイスタオルを敷いてそれを毎日交換しましょう。
これならパッと出来ますよね!

 

シーツも汗をすって汚れやすいので、1週間に1回は交換したほうがよいです。
ただ天日干しができるなら、紫外線で雑菌がやっつけられるので
そんなに頻繁でなくてもよいかもしれません。

 

 

以上のようなことをすれば、
アレルギー体質改善に役立つ「ダニやカビの繁殖がを減らすことができるでしょう。

 

ダニアレルギー体質の人だけでなく、
布団やベッドには気を付けたいものですね。